北海道立北の森づくり専門学院とは

学院概要

北海道の豊かな生態系をはぐくむ森林を守り、育て、将来の世代に引き継いでいく、百年先を見据えた森林づくりを推進するという理念のもと、林業・木材産業の幅広い知識と確かな技術を身に付け、将来的に企業等の中核を担う地域に根差した人材を育成します。
こうした人材を育成するため、知識や産学官と連携したオール北海道の体制により林業・木材産業の盛んな旭川市にある校舎と、全道の各地域の特徴ある森林を活用し、実践的な教育を行います。

教育方針

即戦力となる人材

就業後すぐに現場で活かせる能力を身に付ける

  • 基本的な現場作業を安全かつ的確に行う技術
  • 林業・木材産業の基礎知識
  • 就業後に必要な資格とコミュニケーション能力

将来的に企業等の中核を担う人材

将来必要となる能力の基礎を身に付ける

  • 現場の統括管理や労働安全衛生などの指導能力
  • 生産性向上など木々用の経営マネジメント能力
  • 森林や林業、木材産業等に関する幅広い知識を有し、その魅力を発信する能力
  • 対話や情報分析を通じ地域の活性化などに貢献する能力
PAGE TOP